キャッシング審査比較システム

キャッシングのスピード、金利、融資額

消費者金融の審査基準

今年の大きな話題の一つに貸金業の規制法が新しくなることがあります。要チェックですよ!

融資をお考えの方へ

この国ではお金を借りることは簡単です。しかし簡単であればあるほど、様々なデメリットが存在するのが現状です。しっかりと自分の知識をあげておく必要があります。

消費者金融を学ぶ

消費者金融のというのは一般的に「個人に対する無担保・無保証ローン」の融資事業を主体としている金融機関の事をいいます。

消費者金融各社によって発行されたキャッシング専用カードまたは、クレジット機能付きカードを利用して、コンビニ等に設置されてあるATMやCD(キャッシュディスペンサー)を利用しその場で現金を手にする事ができます。

申し込み~審査~融資まで、一連の工程がシステム管理されているので、指定口座への振り込み時間がスピーディなのが特徴です。消費者金融は住宅ローンなどと比べると、審査時間も短く、すぐにキャッシングができますが、限度額自体は不動産のローン等と比較すると小額です。

貸し出し条件は各金融機関によって異なりますが、基本的には、定期的収入があれば、アルバイト、学生、自営業者など誰でも利用可能です。

消費者金融会社は1万を超え、貸金業規制法が改定されることが決まった今。金融業界にかつてない変動が来ると予想されます。需要は年々増えてきている消費者金融でお金を借りることは初めての方は抵抗があるかもしれませんが、、正しい知識もって望めばこれほど身近で便利なものはないかもしれません。

ぜひ一度ご自身で消費者金融を勉強なさってみてください。

金利の法律が変わる

出資法の上限金利を巡り、様々な議論が交わされてきましたが、いよいよをもって終止符が打たれました。昨今、議会にて承認され3年後をめどに貸金業規制法がかわります。
出資法と利息制限法の隙間に存在する俗にいう、灰色金利(グレーゾン金利)が撤廃されるのです。

これによってなにがおこるのか?
消費者金融などの貸金業者は、利息の引き下げや融資限度額の引き上げになどで、他社との顧客確保の激しい競争を余儀なくされるでしょう。
大手の消費者金融は、その営業力と資本力から低金利の商品化に追従できるでしょうが、中小の消費者金融は、資本を外部(銀行や生保)に頼って来ましたから、ローン商品の低金利化は死活問題になりかねません。

これから起こる各社一斉に低金利を全面に商品を展開していくと予想されます。
今後の消費者金融の動きにはめが離せません。

融資の審査

カードローンのキャッシングなどを貸金業者へ申し込むと、必ずあるのが「個人情報の取得への同意」。
なんかいやな雰囲気の言葉で、思わず「やめてください」といいたくなりますね。でも、融資の審査では、必ずこの規約に同意しなければなりません。

このキャッシングの審査を与信スコアリングシステムといいます。
では、あなたの個人情報はどこまで調査されるのでしょう?

個人信用情報機関が保有する情報は、
・氏名 ・生年月日 ・住所 ・電話番号 ・勤務先 ・契約日 ・限度額 ・利用残高 ・返済状況 ・延滞などの金融事故情報
などです。

重視されるのが、「延滞などの金融事故情報」です。
これがある場合は、融資を受けられない可能性がかなり高いでしょう。いわゆる「ブラックリスト」という言葉で表現されていますが、カードキャッシングなどで、金融事故情報が記録として保有されていることを指します。

金融事故というのは、3ヶ月以上の遅延、任意整理、自己破産などの債務整理をおこなった場合に登録されます。免責が確定している場合は、保証人をつけるか、保証金を支払うかで融資が実行される場合があります。また、こうした情報は、返済状況や借り入れ状況が変わった時点で更新されます。

【借り換え・おまとめ】という方法

全ての借入を一つにして借り換える方法は、金利が安くなるのであれば、結果的に総支払額の減額は期待できます。この方法は、いわゆる『借換ローン』という商品を利用すれば可能です。

最近の金融会社の傾向として、こうした複数の借り入れを一本化して借り換える金融商品を提供するケースが増えています。また、こうした金融商品は、『借換ローン』『乗換ローン』あるいは『おまとめローン』として認知されてきています。

いずれにしても、今借り入れしているローンの返済を、少しでも軽くしようというユーザーに対するアプローチだと言えます。

返済の金利

借りたお金が返せなくなって困っている人の頭の中に常にあるのは「返済」だと思います。

「こんなにたくさん借りてしまってどうしよう。とても返せそうにないわ」。
この心理的な圧迫感がその人の人生を暗くしているわけです。

でもここで思い出していただきたいのですが、実際に自分が借りた金額というのはそんなに多くなかったはずです。

自分の頭の中には「20万円」とか「50万円」という数字があるのに、
請求される金額がそれよりはるかに多いことはないでしょうか。

それが金利のせいだというところまでは誰しも理解できます。
でも実際に自分が払っている金利がどれくらいかを知っている人は驚くほど少ないのです。

きちんきちんと払っている人は、期限が来ればそこで決着がつきますから、
金利に神経を使うことはありませんが、債務を滞らせている人には、
金利こそが死活問題になっています。

返済を何度か遅らせると、最初に定めた金利の条件と違って
高くなることに気づいていない人が多いようです。

払っても払っても金利ばかりと嘆いている人がおりますが、
金利が高くはね上がっていることがあります。

この金利をできるだけ最少額で抑えるためには、各回の返済額を多くして返済期間を縮めると言うのが究極の方法ですが、毎月の給料の中から借金の返済にすべて費やしては、実際の生活が成り立ちません。

したがって、”少しでも多く返済する”というのが現実的な対応になってしまいます。

ただし、臨時の収入があった場合は、できるだけ多めに返済に充てることが、
利息を最小限に抑えるためには欠かせないのです。

なぜなら、毎月決められた額以上の金額を支払うと、決められた額以上の分については、
全額元金に充てられますので、支払残高の減り具合が格段に早くなるのです。

こうした方法を「繰り上げ返済」といいます。
繰り上げ返済については、次の機会に詳しく説明します。

INFORMATION
Copyright © 2010-2011 キャッシング審査比較システム All rights reserved